照明・インテリア雑貨 販売 flame

よくあるご質問

home  >  support  >  よくあるご質問  >  もっと知りたいこと  >  ペンダントの理想的な吊り下げ方法は?

faq ー よくある質問

ペンダントの理想的な吊り下げ方法は?

ペンダントの設置は、吊り下げ位置と高さがポイントです。それぞれの部屋の条件にあった設置ができるよう適切なコード長を確認のうえ、ご購入ください。

まずダイニングテーブルに吊り下げるときの位置は、テーブルの中央に配置するのが基本です。天井の電源位置と吊り下げたい位置が異なる場合は、天井にフックやコードハンガー、配線ダクトレールを使い位置を調節します。
次に吊り下げる高さは、ダイニングテーブルの場合はテーブル面から70cm程度が望ましいです。テーブルの上を効果的に照らしたい場合は低め、空間全体を照らしたい場合はやや高めを目安にお好みで調整してください。

参考までに一般的なマンション(天井高は2.4~2.5m)の設置例をご紹介します。
ペンダント(コード長1.5m・シェードの高さ20cm)をダイニングテーブル(70~80cm四方幅・高さ70cm)のある空間に吊るす場合、テーブルの上面から70cmほどの高さに照明を設置します。

天井高(2.4~2.5m)-テーブルの高さ(70cm)-テーブルから照明器具までの間(70cm)=1~1.1m

ペンダントのコード長(1.5m)はシェードを含まない長さです。ペンダントを電源(引掛シーリング)からそのまま吊るす場合70~80cm余ってしまいます。ぴったりの位置に設置したい場合は、コード加工〈あり〉を選んでコード長を指定いただけば長さの調整が可能です。

ただし、お話したようにぴったりの長さに調整してしまうと、設置する部屋のレイアウトやインテリアを変えたり、設置場所を変えたりするときに不都合が生じる可能性も。
コードが余る場合は、コードを結束バンドで固定したり、中間コードハンガーやコードリールをお使いいただき、長さを調整いただく方法もあります。このようにコード長に余裕をもたせておけば、実際に吊るしたあとに、前述したように灯りの心地よい高さに調節いただくことも可能です。

お客様の状況にあわせ、よりよい方法をお選びください。

お店の写真
flame shop
〒659-0082
兵庫県芦屋市山芦屋町20-8
tel:0797-25-1305

営業日・アクセス